自由民主党

ホーム > ご挨拶

ご挨拶

新幹線開業効果の継続を

昨年3月に北陸新幹線が開業し、富山県では明るいニュースが多く聞かれました。東京、富山間最速2時間8分。時間、距離の短縮による利便性の向上や、晴れた日の車窓からの雄大な立山連峰や日本海のパノラマの美しさが評判になりメディアにも多く取り上げられ、富山ー首都圏間の鉄道での往き来は大幅に増加しています。

新幹線開業後、富山をはじめ北陸への人の入りが増加したことで、観光産業を中心に好影響が出てきています。富山市内でも富岩水上ラインの乗船客は約51,000人で前年比2.4倍になり、そのうち県外の方が約6割を占めました。また、富山市内の宿泊客は3割増加し、新幹線効果が顕著と考えられます。

一方で多くの課題もあります。富山県周辺では在来線の運行を継続しながら線路移設を繰り返す難しい工事であったことで、駅全体の完成が遅れています。現在も(あいの風富山鉄道下り線)の高架化工事が進められており、完成後に南北自由通路の整備と、市内電車・ライトレールの接続と、まだ工事が続きます。そのため完成までの利便性向上に知恵をだしていかなければなりません。

更に新幹線と競合する富山ー羽田便の維持が大きな問題です。台北、ソウル、大連などの国際定期便も羽田便を運航する全日空が地上業務を受け持っており、減便は他の路線にも影響する恐れがあります。また、富山空港の収入の多くは、羽田便の着陸料に頼っていることもあり、羽田便の存続が富山空港の存続に大きな影響を及ぼします。

様々な課題はあるものの、北陸新幹線は観光面や産業面で予想を上回る効果をもたらしています。新幹線ん開業効果を長期的に確実なものにしていき、住民の皆さんがその恩恵を少しでも多く得られるように県議会の場でさらに議論を進めてまいります。

つとむの信条

環境について、子育てについて、まちの未来について…
一人よりも二人で、二人よりもみんなで、
「これからの富山」を語りましょう。

「ずっとここで暮らしたい」と心から思えるようなまちを。
皆さんと一緒に、誰もが安心、安全に暮らせるまちを創ります。

私のモットーは「誠実」「信義」、そして「実行」。
踏み出す一歩は、着実な結果につなげていきます。

  • 自由民主党 公式サイトへ

    自由民主党
  • たばた裕明 公式サイトへ

    衆議院議員 たばた裕明 公式サイト
  • 野上浩太郎 公式サイトへ

    参議院議員 野上浩太郎 公式サイト
  • 自民党 県連TOYAMAへ

    自由民主党 富山県支部連合会
  • 富山県 公式サイトへ

    富山県
  • 富山市 公式サイトへ

    富山市
  • 北陸新幹線「富山県」開業

    きてきて富山 きときと富山
  • とやま観光ナビへ

    とやま観光ナビ